2018年12月22日

塚越及び水谷の冬コミ2018(C95)参加作品情報

塚越です!


秋に体調を崩したとは前述ですが、以後多少長引いたのち、現在は回復傾向にあります。ようはもう元気ってことなんやで。元気がないと長野の冬は越せない…かもしれない。そういう意味では紙一重でしたね。うん。ちょっと自らよくわからない感じの書き出しになってきたところで冬コミ(C95)あわせの参加作品纏め、いってみましょうか!



-------------------------------------------------------------------------


■水谷瑠奈の参加作品


Summer Pockets キャラクターソング『Sing!』/ Key


tr.05『with』のコーラスを担当
メイン歌唱:久島 鴎(CV.嶺内ともみ) 作詞:新島夕 作曲:どんまる 編曲:森藤晶司

同社ADV「Summer Pockets」のキャラソンCDである本作、るなちの担当は鴎ちゃん曲のコーラス!こちらはですね、劇中でも印象的だった"あの"曲なんですよ。プレイされた方、もしかしたら想像つくんじゃないですか。どんまるさん、もといミディアンシャーロットの…そう!あの楽曲が嶺内ともみさん歌唱のもと、ハイクオリティなボーカル楽曲として纏め上げられ、ついに陽の目を見るわけでして…サマポケ大好きな私、実に感慨深いものがあります。

るなちからも一言コメント預かってます。
        ↓
あばんちゅ〜るなコーラスを目指しました(=゚ω゚=)


-------------------------------------------------------------------------


■塚越雄一朗の参加作品


Summer Pockets キャラクターソング『Sing!』/ Key


tr.02『比翼の蝶たち』及びtr.04『Golden Hours』の編曲、ギター演奏を担当。
tr.02 / 歌唱:空門 蒼(CV.高森奈津美) 作詞:魁 作曲:折戸伸治
tr.04 / 歌唱:紬ヴェンダース(CV.岩井映美里) 作詞:ハサマ 作曲:竹下智博

サマポケの初回限定版封入アレンジCDに続き、私のアレンジ担当は蒼ちゃん、紬ちゃん。

前者はEDM的ビート感にエレキギターをフィーチャーし、押しの強く、と同時にどこか深遠な、例えるならば覚めぬ夢の中を彷徨う様な雰囲気のある音づくりを。本楽曲を聴いてトランス状態になったら七影蝶もみえるかもしれません。

後者はケルティックで可愛らしい要素を織り交ぜつつも、タイトなビート感で元気に纏めています。ひと夏をめいっぱいに謳歌した紬ちゃんに宛てるに恥ずかしくない、様々なニュアンスをぐっと詰め込んだ楽曲です。


Ayaka Kitazawa Remix Collection / 北沢綾香


Tr.10『サンブライト (Brightest Sunflowers Remix)』を担当。
歌唱:北沢綾香 作詞:竜騎士07・07th Expansion 作曲:折戸伸治

「KSL Live World 2018」のパンフレット付属リミックスCDあわせで制作した音源の再収録となります。リマスタ版ともいえそうですね!サンブライト原曲が有す(確か)BPM140強というテンポ感はトランスサウンドにピッタリでして、リミックスを承った瞬間にもうこの形でいこうと決めた程でした。決して新しい音づくりではありませんが、かえってそれが本作においてはちょっぴり異彩を放つ切欠となるかも?是非とも、一面に咲き誇るヒマワリをイメージしながら聴いてください。


Fleurix / Seadrop(Sennzai)


Tr.07『クロユリ』の作編曲及びギター演奏を担当。
歌唱:Sennzai 作詞:alico

今回お初にご一緒する方その1、Sennzaiさん!類まれなる、本当に類まれなる歌唱力をお持ちのボーカリストさんです。!ジャズ系+ラウドロックというコンセプトで制作した本楽曲は、ラウドロック成分が前面に押し出されるサビ部分等においても楽曲の根幹を成すスウィングワルツのリズムそのものが健在であり、特徴的なノリを齎しているのではないかと考えます。いうなればタテノリ中のヨコノリ的な。平歌部分等におけるアンニュイなボーカルから漂うそこはかとない昭和の香り。


トリコポップ / trkdy!!(鶏子)


Tr.01『トリコポップ』の作編曲及びギター演奏を担当。
歌唱・作詞:鶏子

今回お初にご一緒する方その2、鶏子さん!特徴的なイラストですけど、これに負けないくらい(いや鶏子さんの場合はむしろこの通りにというべきかな)超個性的な世界観の持ち主です。ちょっぴり不思議なエレクトロポップ調の本楽曲上で展開される、トリコワールドたる世界観はまさに唯一無二ですね。そしてかつ、本当に鶏なんですよ。コッケー、コケコケ。夢見るニワトリちゃん、それが鶏子さんです。そうなの!?


誰かが落とした引っ掛かり / Odd→Ai(大瀬良あい)


Tr.05『愛の砂時計、蒼の首飾り』の作編曲及びギター演奏を担当。
歌唱・作詞:大瀬良あい

今回お初にご一緒する方その3、大瀬良あいさん!InnocentKeyでのご活動やココさん等々を通じ前々より存じ上げていたものですが、ご一緒するのは今回が初めて。改めてそのお声に耳を傾けてみますと、これまた素晴らしい歌唱力をお持ちですよねえ。私の楽曲は退廃的かつエスニックなニュアンスのシンフォニックロックといった風合いなのですが、総じて漂うこの迫力は完全にあいさんによるところです。サビ中のコーラスばっしり決まったなぁ。


ピコロニーノーツ7 / ポヤッチオ


Tr.08『桃色クロニクル』の作詞・作編曲及びギター演奏を担当。
歌唱:桃箱

おお、バナーがある!やったぜ!!と思ってしまう程に最近、特にコミケあわせの作品の特設にはバナーが置かれないんですよ。それが重要視されない時代へといつのまにか変わったんですかね〜。さて、かたほとりさんによる電波企画「ピコロニーノーツ」、今回の私の担当は桃箱さん曲です。箱さん久しい!折角なのでぶっとびまくった楽曲にしようかとも考えつつ、そんな最中に浮かんだ「『愛』というワードを推す」コンセプトでポップに&メロディックに纏めてみました。愛ゆえに人は悲しまねばならぬ!とは聖帝様のお言葉ですが歌詞中には含みません。そう、愛ゆえに!!

Onyx Veil / 葉月ゆら


Tr.05『漆黒の躯姫 -Pediophilia-』の作編曲及びギター演奏を担当。
作詞・歌唱:葉月ゆら

前回(秋M3)においては自サークル(ピコミール)あわせの新譜制作に伴い一度お休みを戴いたんですが今回は参加してますよ、ゆらさんの新譜!「黒(Onyx)」「白(Snow)」と表裏のコンセプトで同時に2枚リリースされるんですが、そのうちこちらは黒の方。漆黒の宝石、Onyx(オニキス)です。マッキーのミキサーのことじゃないですよ。楽曲はタイトでアッパーな音づくりのエレクトロサウンドとなっています。後述する白曲『秘匿の真珠姫 -Necrophilia-』と同様の主題を有しつつ、まったく異なる楽曲として展開されます。両方聴いて欲しい!

Snow Veil / 葉月ゆら


Tr.05『秘匿の真珠姫 -Necrophilia-』の作編曲及びギター演奏を担当。
作詞・歌唱:葉月ゆら

こちらは白の方です。ネクロフィリア…意味をご存知ない方はぐぐりましょう。さて、楽曲はストリングスをフィーチャーした壮大なスケール感のポップロックです。多分すごく私っぽいやつ。黒の方では主に間奏フレーズとして用いていた主題をAメロ部分に用い、総じて伸びやかな旋律の楽曲として書き上げています。多々の跳躍が伴う難しいメロディなんですが、やはり葉月さんはいつも丁寧に、そして美しく歌い上げて下さいますね。歌詞も相まって、行き場のない切なさが伴う楽曲に仕上がっています。


-------------------------------------------------------------------------

今回は以上となります。
今年は暖冬の可能性ありということで、現状路面凍結等もなく交通に難なしですね。ですがこの先判りません!皆様におかれましてはくれぐれもお身体、そしてお車等お使いの方は交通面でもご注意を。

あとそうだ、少し早いですがよいお年を!
posted by 塚越雄一朗 at 23:01| Comment(0) | NanosizeMir情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

塚越(&水谷)の「M3-2018秋」参加情報まとめ

どうも塚越です!茹だる様な夏から一転、随分と気温が落ちてきましたね。

今回は元々ピコミールの新作を考えており、それに向けて制作を進めていたのです。ですが土壇場で私は体調不良に陥ってしまい、延期する事に。過程ではナノ内外問わず様々な方にご迷惑とご心配をお掛けしてしまいました。この場を借り、謹んでお詫び申し上げます。
すまなかった!

という事でこの秋M3に向けては(その間まったくポストしていないTwitterでの様子とは裏腹に)なかなか大変だったんですよ。ですが気付けばもう26日…そんな大変さにも一旦決着をつけ、次及び次以降への宿題を元気にこなしてゆく為にも、ここらでひとつ英気を養わんといけません。

ちょうどそんな(英気を養えそうな)機会が本日あるのでそれに向け、M3に対しちょっとフライング気味に上京します。よって今回のM3には久々に私もいますよ!るなちも勿論!


さて、それじゃまとめますか。

-------------------------------------------------------------------------
・NanosizeMir

ひまさーその2 / ひまさー

スペースNo:第二展示場 ク-10b NanosizeMirスペース
頒布価格:300円


・水谷の担当:tr01のメインボーカル、tr02のサブボーカル、イラスト
・塚越の担当:tr01の作詞作編曲とギター、tr02の作編曲とメインボーカルとギター、デザイン

普段ゲームやらなんやらでわいわいやってるヤツらとのコラボ、「ひまさー」の第2弾!アッパーなダンスポップであるtr.01と、ハードコアなラウドロックであるtr.02の2トラック(とそれぞれのインスト)を収録しています。るなちと星名優子さんとの、相性抜っ群なデュエットがきけちゃうのはひまさーだけやで!

なおNanosizeMirスペースではこの「ひまさーその2」の他、NanosizeMir及びピコミール及びひまさーの旧譜も少数持ち込みます。旧譜リスト貼ってときますね。
NanosizeMir The Best 2,500円、輝跡 1,000円、始まりを告げる少女 1,000円、星ノ唄 1,000円、
ShiroKumaCollection 1,000円、Super Sonic Girl 1,000円、BREAKS! 500円、ひまさーCD 200円


-------------------------------------------------------------------------
・塚越個人

Nanairo Ribbon / ななひら×nayuta
イメージ2018_10_26_5_247.jpg

tr.01『教えてください、ご主人様♡』の作編曲及びギター演奏を担当。作詞はまめこさん!また以前に作詞作編曲及びギター演奏を担当したtr.06『Rainbow Snow』がリマスタ収録されています。

いつも元気でハリのあるななひらさんボイスと透明感に溢れ印象的なnayutaさんボイスはある意味対照的。そんなお二人が溶け合うとあら不思議、元気さも透明感も倍増しちゃうんです。デュエットってすごい!ななひらさんもnayutaさんもすごい!更にまめこさんの歌詞とてもよいです。メイドさんがテーマの曲ってどれくらいぶりだろう…!!


Dragon Slayer FUTURE*MEMORIES / うたのは


tr.05『アイ♡なびげーしょん!』の作編曲及びギター演奏を担当。作詞はちなさん!

こちらの楽曲もなんとデュエット!サークル主である小鳥遊まこさんと、ちなさんとの奇跡のコラボです。今回はなんだかデュエットラッシュですね〜。まこさんに電波系の楽曲を寄せるのは初で、そういう機会があるとも思っていなかったので企画概要を伺った際には驚きました。明るく覚えやすい旋律が主軸の、とてもキャッチーな楽曲になっています。


ティム船長の航海日誌 / A little bit


tr.0『Mermaid Flower』の作編曲及を担当。作詞は後藤ハルキさん!

最後はほっと一息のボッサ曲で。ハルキさんのもとではジャズ系の楽曲を多く書いてきましたけども、今回はその流れを継承しつつも少しラテン味を加え、さらには秋らしい哀愁感漂う楽曲として纏めました。結果的に手元で出来上がった音源はそれはもうボッサで、提出時にも「塚越)なんというかすっごくボッサです」→「ハルキ)確かにすっごくボッサですね(笑)」というやり取りがありw ジャズ系メインだとそうでもないものの、ボッサとなると一気に渋谷系の香りがしませんか、ハルキさん。

-------------------------------------------------------------------------

今回は以上となります。それでは宜しくです!
posted by 塚越雄一朗 at 05:55| Comment(0) | NanosizeMir情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月08日

塚越(&水谷)のC94参加情報纏め

塚越です!
夏コミ(C94)合わせで担当した楽曲を纏めます。

----------------------------------------------------------------------------------

ASTRO=FILMS / ABSOLUTE CASTAWAY


tr.03『キファの境界』の作編曲を担当。またコーラス低音部を少しお手伝い。作詞は黒川うみさん。
今回唯一のアコースティック系楽曲(!!)かつ久々のあぶきゃす曲である本作では、ジャズ系+ミサというちょっと難しそうなお題に挑戦!冒頭にはアカペラセクションもあります。


Dragon Slayer −黒竜の騎士編− / 葉月ゆら


tr02.『magia★magia』の作編曲及びギター演奏を担当。作詞は葉月ゆらさん。
なんと電波チックなゆらさんです。この方向性は私的にありなんじゃないかと以前より考えていたので、今回実現することが出来て嬉しい。曲中には合いの手(掛け声)もしっかり収録されていますよ!


ピコロニーノーツ6 / ポヤッチオ


tr.03『宇宙だいすき!ビットちゃん』の作詞作編曲、ギター演奏を担当。
初のすずしろさん歌唱曲となる本作は、ひたすらに宇宙へ想いを馳せる宇宙系(?)電波曲です。部分的にレトロめな音選びをしていたり、歌詞における言葉選び&語感の面白さにこだわったり。

Twin Crew Star / ラブリコット

(バナー作成のためジャケ画像借用しました)

Tr.09『jum! jum! JUMP!』の作編曲及びギター演奏を担当。また以前に作編曲及びギター演奏を担当したTr.01『らーばんぴーすの姫アイドル』がリマスタ収録されています。いずれも作詞は小紺ココさん。
『jum! jum! JUMP!』はメロディックな、『らーばんぴーすの姫アイドル』は部分的にちょっとガバっぽいハイテンションな、双方電波曲となっています。

Covertly shine / Confetto

(バナー作成のためジャケ画像借用しました)
tr.03『向日葵と少女』の作詞作編曲及びギター演奏を担当。
ひまわりのように明るくまぶしいななひらさんに寄せるひまわりソングです。いつもよりちょっとナチュラルなななひらさん歌唱が聴けちゃいます!

また、


合いの手要員としてるなちも友情参加しています。本楽曲の合いの手は各サビ導入部の「さんさん!」のみ!そしてそれは、ななひー×るなちの貴重なメルティングセッションというわけですね。

----------------------------------------------------------------------------------

以上、夏あわせという事で電波率高めとなっています!
それでは皆様、熱中症などにくれぐれもご注意されつつ、このくっそホットな夏をエンジョイしてくださいね。
posted by 塚越雄一朗 at 07:47| Comment(0) | 塚越情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

塚越の春M3-2018春参加作品まとめ

塚越だよ!どうもおはこんばんちわ。

昨日はKSL Live World 2018のリハということで、日帰り上京ミッションをこなしてきました。やっぱ向こう(東京)とこっち(長野)とでは寒暖差がありますねえ、とりわけこういう不安定な季節は特にね!

あと花粉ですよ、あれはまじで俺のこと殺しにきてるやつだった。電車内で鼻垂れ小僧状態だったんで。くしゃみもめっちゃでるし。「明日からマスクするか」と云ったらるなちに「もう遅い」と云い返されました。そらそやな。

ん、演奏ですか?ちょっと練習足らなかったよね!


さてさて、では今回も纏めていきましょう。
塚越個人のM3-2018春参加作品はこちら!
※4/27、「虚構の楽園 / 葉月ゆら」の特設サイトへのリンク追加。


----------------------------------------------------------------------------------

Litterlust E.P. / 森野きこ


tr.02「リバーシブル・スイッチ」の編曲及びギター演奏を担当。作詞作曲は森野きこさん。

シンガーソングライターとしてご活動されている森野きこさん、歌上手いんですよーこれが。この楽曲についてお話戴いたのを切欠に私はきこさんの事を知ったのですが、この歌唱力は実に類まれだと驚いた次第で。これはもう超新星と云い切っていいでしょう。そんなきこさんが作曲された懐の深い旋律を活かすべく、王道アニソンテイストバリバリのアレンジで仕上げてみました。


Club Patina / A little bit(後藤ハルキ)


tr.01「バタフライ・ナイト」の作編曲を担当。作詞は後藤ハルキさん。

私過去にはミュージカルの稽古ピアノなんてやってたりした経験もあり、本来はジャズ系得意なんですよ。ですが同人界隈だと意外とそれに纏わる手腕を振るう機会って少なくて、ハルキさんのもとで書かせて戴く楽曲の多くはまさにそんな希有なケースの主たるところで。優れた作家さんは界隈にも実に多くいらっしゃいますが、ことミュージカル感、ショウアップ感(?)をだす事について私は負けない自信があるよ!w


虚構の楽園 / 葉月ゆら


tr.02「邪悪の宴」の作編曲、ギター演奏を担当。作詞は葉月ゆらさん。

王道のゴシック系を基調に少しずつ冒険しつつもある最近の葉月さん、こちらのご企画も「民族系」を基調としたものです。ということで!ここはあえての『NanosizeMir節』で攻めてみましたよ。このリズム感にはもはや心地よさすら覚える私がいます。ひとつの特徴ないし個性として、今後もこの形をちょくちょくとやりつつ、より高みを目指したい!


Parallel Honey2〜キミと奏でる愛のウタ♡〜 /PlasticGarden*


tr.05「ヨメススム☆エボリューション」の作編曲、ギター演奏を担当。作詞はらいねさん、歌唱はブルーマウンテン ピュア子さん。

『MILK TOOTH』VOであるピュア子さん、歌って戴くのは今回が初となります。楽曲はビットチューンベースの電波ソングなのですが、決してそう書いた字面から与えるであろうイメージでは終わらせない、不思議な化学反応というべき魅力がこの楽曲にはつまってます。私が天才と断ずるらいねさんの巧みなワード選びからくる独特のフロウに、直球の萌えとは異なる、あざとさや媚びのない、それでいてとても可愛いピュア子さんの歌唱が加わって…ちょっと文面では説明不能ですね。聴くしかねえ!


hananoen /THE ROOM OF SHOW IKEDA(池田奨)


tr.02「the sunset」の作編曲を担当。作詞は池田奨さん。

和タッチのEDMトラックです。そしてとても歌詞の刺さる楽曲でもあります。実はサビ中のみコーラス参加もしているというのは秘密。そして奨さん曲!超久しいですね。前回となると多分ハルキさんとのコラボだから、あれ何年前になるんだ?ソロとなると更に遡って…もうそのへんになると年数も曖昧だなあ。私が同人始めたド初期の頃からなにかとお世話になっているんで、実に十年来のご縁ですよね。長いようで、あっという間の様で。

----------------------------------------------------------------------------------

今回は以上となります。それではよろしくね!
posted by 塚越雄一朗 at 00:54| Comment(0) | 塚越情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

塚越のコミックマーケット93(冬コミ2017)参加情報まとめ

やあどうも!塚越だよお。
私個人の、コミックマーケット93(冬コミ2017)における参加作品情報をまとめます!
※12/25追加済


--------------------------------------------------------------------------------
■12/25追加分

はぴねすトラベル♪♪ / Magi×TeN(仲村芽衣子&ちな)


tr.05『Miracle×TransforM』 → 作編曲、ギター演奏担当

「 Magi×TeN」は仲村芽衣子さんことめこしと、ちなさんことちなしのユニットです(楽曲提供初なのでご紹介しておかないとね)。ゆえにこの楽曲もデュエットものとなっています。コード進行等にひとふたひねりある感じの、ちょっとオサレな?電波系!


祝世アポトーシス / Canaria Rhythm=カナリアリズム


tr.01『祝世アポトーシス』 → 作編曲、ギター演奏担当

小鳥遊まこさん合わせではいつも変化球を投げている私ですが、今回はあえてのストレート。ステレオタイプなアニメOP的趣旨の楽曲を、カナリアリズムに調理して戴いたら果たしてどんな形で仕上がるのか?答えは聴いてのお楽しみ。


--------------------------------------------------------------------------------

Key Acoustic Arrange Album『Humans pleasure』(C93 Keyセット)/ Key


tr.02『えきぞちっく・といぼっくす(リトルバスターズ!)』 → 編曲担当
ビッグバンドアレンジです!原曲の有す独特の雰囲気を大切にしつつ、ポップでジャジーにまとめました。


北沢綾香 2nd Album
『EMOTIONAL BLUE』/ 北沢綾香



tr.03『Emotional Blue』 → 編曲担当(新規)
tr.05『届けたいメロディ』 → 編曲担当(既成作品)

新曲『Emotional Blue』は、ダンサブルなグランドビートを基調に、伸びやかでスケール感のある音づくりを。既成曲『届けたいメロディ』はアコースティック+ちょいEDMタッチ、みたいな。ちなみに後者はゲーム『『Harmonia-ハルモニア- / Key』のメインテーマ、前者はイメージソングです。


Confetti-Box / Confetto(ななひら)


Disc1 tr.12『月夜とたいやきと池の鯉(Huge Rythm Mix)』 → remix担当(新規)
Disc2 tr.14『NouveauMonde』 → 作詞作編曲担当(既成作品)

『月夜とたいやきと池の鯉(Huge Rythm Mix)』はピアノや指弾きベースによる小気味よいグルーヴ感を基調としたちょいファンク系アレンジを。『NouveauMonde』はポップチューン5割、電波味5割といった配分の可愛らしいトラックです!ちなみに後者はモバイルアプリ「ありすのステージ」のテーマソング。


White Princess / 葉月ゆら


tr.06『秘密』の作編曲及びギター演奏を担当。
後述する『bring out to the light』と対を成す楽曲となっています。局所的に共通するフレーズを用いつつ、こちらはアップテンポかつストリングスアレンジ等が主体の"美しい"感じ。


Black Princess / 葉月ゆら


tr.06『bring out to the light』の作編曲及びギター演奏、ラップ(!)を担当。
上段『秘密』に対し、こちらは"ダークな"感じ。ラップメタルテイストのラウドロックアレンジに仕上げています。更にこちらではラップとシャウトしてます。ラップなんてどれくらいぶりかね!

--------------------------------------------------------------------------------
posted by 塚越雄一朗 at 18:10| Comment(0) | 塚越情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする